性病(花柳病)にはゾビラックスも効果的

芸者花柳病という病名を聞いたことはありますか?花柳病とは梅毒や淋病などの性交渉によって感染する病気、いわゆる性感染症の別の呼び方です。昔は芸者や遊女などが身を置いた花柳界で感染することが多かったために、この名前で呼ばれることもあるようです。性器ヘルペスも、この花柳病、いわゆる性感染症の一つとして知られています。

性器ヘルペスとは、性交渉などの性的な接触によりウィルスに感染することで引き起こされる病気です。特徴としては、性器やお尻の周りなどに水ぶくれができるという特徴があります。
またこの病気にかかった場合、一度症状が良くなっても疲れや病気などにより体力が低下したり身体の免疫力が低下したり怪我をしたりした場合に繰り返し再発するという特徴もあります。これは、ヘルペスウィルスが一度体内に侵入すると、腰部周辺にある神経の根元に棲みつくので、何らかのきっかけで再発してしまうのです。

性器ヘルペスの治療には飲み薬と軟膏などの外用薬が用いられます。外用薬の軟膏には、ゾビラックス軟膏などがあります。もともとはゾビラックスクリームという医薬品があり、そのジェネリック医薬品として、いくつかクリームや軟膏が開発されています。
ゾビラックスは、主な成分であるアシクロビルがヘルペスウィルスのDNA合成を阻害することにより、ウィルスが増殖していくのを抑えるという効果があります。また、症状がひどくないうちに早めに患部に塗ることにより、発疹の発生数を抑えたり、より短期間で患部がかさぶたになるなど症状の改善が見られます。

しかし、アシクロビルはヘルペスウィルスを体内から無くす効果を持つものではありません。なので完全治癒する効果があるとは言えませんので、注意しましょう。