ヘルペスを発症したら医療機関などで検査を行う

医師に相談している患者ヘルペスとは、体のあらゆる部分に水ぶくれやぶつぶつができる、一般的な感染症のひとつです。子供がよくかかる病気という印象が強いですが大人もかかることは意外と多く、特に大人が発症すると重症になりやすいという特徴があります。
ヘルペスは、発症してすぐに医療機関へ相談することにより、症状を抑えるだけでなく予防や再発防止も行うことができます。まずはヘルペスの簡単な基礎知識を知った上で、予防や治療の方法を見ていきましょう。

ヘルペスの原因はウイルスです。感染力が強く、人から人へ容易に感染し、感染事由としては肌の触れ合いや性行為、接吻などが挙げられます。ヘルペスウイルスに感染すると、数週間の潜伏期間を経て、症状が出るようになります。基本的に体のどの部分でも症状が出る可能性はありますが、代表的なのは口や性器の周りが挙げられます。症状は水ぶくれやぶつぶつができ、痛みを伴うかゆみに襲われます。症状の程度には個人差があり、重症化する人がいる反面、症状に気が付かないほど軽症の人もいるなど、個人によって様々です。
これらは免疫力や肌の健康の程度などによって変わり、普段から免疫力を高めたり、肌の健康を維持したりすることを意識しているほど軽症になる可能性が高くなるので、普段から意識しておくことが重要になります。

予防や再発防止のためには、ヘルペスに感染している人と密着しないことが基本になります。万が一それに気付かず、性行為や接吻などをしてしまった場合には、速やかに医療機関で検査することが大切です。
検査自体は時間的にも費用的にもあまり負担にならないので、積極的に活用するようにしましょう。出来ることなら、定期的にパートナーや家族と一緒にヘルペスの検査をするようにすると、より効果的です。